速読トレーニング

速読術の口コミ&比較ランキング 【Speed Reading】 > 速読術 - 記憶力・理解力

速読術 - 記憶力・理解力

速読術とは記憶力・理解力にアプローチする確かな技術

本を眺める男性

速読術を理解する

自分にピッタリの速読術教材を手にするには速読の基礎知識を抑えておくと非常に重要です。教材は何種類もあるため、「あれもこれも」と手を出して知識を得るだけになってしまいがちになってしまう。そこで、ここでは速読術の抑えておきたい知識をご紹介します。

■目次
  • 速読とは
  • 読書と速読の違い
  • 速読の方法とトレーニング方法
  • 科学的な訓練方法が確立されつつある
  • 速読を習得するメリット

1.速読とは

速読は漢字で示される通り文章を速く読むための技術であり、実際には視る、写すと言った方が的確かもしれません。トレーニングによって脳や眼力を鍛えることで、誰でも学び習得できるようになっています。頭の中で1枚の写真を撮るように、あなたの眼で情報を写し脳に画像を保管するのです。

2.読書と速読の違い

訓練を受けていない一般人は眼で文字を追う「なぞり読み」であり、声を出して読まなくとも脳が音声化しているため速度に限界があります。速読の場合には文字や情報を瞬間的に視野に入れ、脳に次々にインプットしていく読書法となります。

3.速読の方法とトレーニング方法

速読トレーニングはどれもシンプルなものばかりです。1つ目が文字を追う眼のスピードを速くする訓練であり、眼筋トレーニング、なぞり読みトレーニングによって達成されます。2つ目が脳が情報を処理するスピードを速くすることです。視野を広げたり、理解度の向上が必要となります。

4.科学的な訓練方法が確立されつつある

速読術にはいくつか速読の方法論があり、文字を写真のように記憶する個人の才能に依存する方法が主流でしたが、トレーニングソフトや教材を活用し誰でも習得することができるようになりました。右脳式速読法、左脳式速読法、その他速読法からピッタリのトレーニング方法で学ぶことが可能です。

5.速読を習得するメリット

読書スピードを高めることだけが速読術の効果ではなく同時に脳を鍛えることになりますのでメリットをたくさんもたらします。読書の力が身に付いたその先は参考書を読む速さも、試験問題を読む速さも当然速くなります。受験や資格試験が格段に役立ちますし速読術は一生の財産となるはずです。ただ、訓練の際に眼が痛くなってしまうデメリットはありますが休息すれば回復します。

まとめ

いかがでしたでしょうか。速読術はすぐに取り組めるものから、実際おこなうには期間を必要とするものまで色々あります。しかし、速読術は読書スピードを上げるだけではなく、どれも簡単に仕事の生産性を高めてくれる方法となります。是非あなたのライフスタイルにも積極的に取り入れるようにしてみてください。

>>失敗しない速読術教材の選び方5つのステップ

理解力・記憶力を高める速読トレーニングランキング(部門別)

川村明宏ジョイント式速読術

無料ではじめられる速読講座。川村明宏博士の特許取得の速読術。自宅学習や独学は費用を抑えられるメリットがありますが疑問点や悩みに当たった時には解決しづらいというデメリットがあります。速読の学校オンラインスクールは無料で1ヶ月間体験することができます。

新・速読セルフトレーニング 【ビジネス・資格取得版】

新・速読セルフビジネスのビジネス・資格取得版は視覚・聴覚を通して大脳の処理速度を高速化するためのトレーニングを行います。速読普及で全国No.1の日本速脳速読協会が開発した速読教材です。最終時の訓練表示速度は一般人読書速度の約60倍、分速30,000文字以上。

新・速読セルフトレーニングセット 【ファミリー版】

新・速読セルフファミリーは最大4人までユーザー登録が可能。速読を取り入れた予備校では平均偏差値が10上がっています。多くのテレビで取り上げられフジテレビの番組ホンマでっか!?に出演中の脳科学者として著名な澤口俊之さんも推薦している速読トレーニングです。

川村明宏のジニアス速読術

新日本速読研究会会長の川村明宏博士は速読トレーニングのパイオニア。数々の企業とタイアップを行い速読トレーニングサービスをリリースしています。ゲーム感覚でトレーニングを行うことが可能で1日7分でOKです。その後、学習すると記憶力が高まります。